紅星二鍋頭 200ml (2012年产)

売る
£15.99
  • 200
    毫升
    容積:
    200毫升
  • 56.0
    アルコール含有量:
    56.0度
  • 28.0
    单位
    アルコール単位
    28.0单位
  • 白酒を蒸留する

  • 北京

  • 香りは芳醇である

  • 入口はすっきりとしていた

  • 红星

製品詳細

  • 小麦やコウリャン、トウモロコシ
  • 永远に
  • グルテン麹と酵母を糖化発酵剤とし、伝統的な「老五甑」の工程を用いて、原料を蒸らし、補料を加えて蒸らし、低温で貯蔵し、適切にアルコールを生成する
  • 興をそえて味を出す
  • 四季を問わず
  • 30 ~ 65歳
  • 中国の北方
  • 常温
  • ピーナッツ、高碑店豆腐のシルク、牛肉のソース、キュウリなどを叩きます
  • イギリス、アメリカ
  • 北京

歴史

二鍋頭酒は北京の伝統的な白酒で、普通の白酒に属する。「二箇頭酒」の名称はどのように来ましたか?これは北京の白酒づくりの歴史からも言える。金朝は北京を「中都」と定め、蒸酒器を伝えて焼酎を作った。清代中期になると、京師焼酒作坊は焼酎の質を高めるために、工程改革を行った。酒を蒸らす時に冷却器として使うのを錫鍋という。第1鍋と第3鍋で冷やした酒には、様々な低沸点と沸点の物質成分が含まれているため、2回目に錫鍋に入れた冷たい水だけを取り出して冷やして流した酒が「二鍋頭」と呼ばれるようになった。非常に純粋な良い酒であり、最高の品質の酒です。現在、各地の白蒸溜所で酒を蒸す際に采っている「頭を切って尾を切る」、「質に合わせて酒を取る」という方法は、「二鍋頭」の工程原理に沿ったものである。清代末期、この二箇頭の工芸はすでに北京各地に知れ渡り、文人墨客から大いに賞賛された。呉延祁は詩の中で、「昔から人は千載恨めしく、今に至るまで甘礼の二鍋頭である」と讃えている。鍋頭を「甘礼」にたとえた。

物語/神話

1鍋を焼くごとに、出始めの酒を「なべの頭」と言います。この酒は濃度が高く、75度以上に达し、数が少なく、全体の10パーセント程度を占めていますが、その後濃度がどんどん下がって、25度前後になって酒が切れます。后ろから流れてくるのが「酒ちょい子」。「酒少々」は10度ではいけません。1、2度まで流し、蒸留終了、所得「酒稍子」は、鍋に戻して次の蒸留で回収し、5度以下で食用アルコールを抽出する。それを延々と繰り返す。焼酎の原料は普通、5 ~ 6回発酵させて鍋に入れます。原材料は小麦、コーリャン、トウモロコシなどのほか、トウモロコシの藁、トウモロコシの芯、小麦ふすま、米ぬかなどがあります。一定の割合で粉砕して水を加えて蒸し、さらに酵母を加えてよく混ぜてから蔵に入って発酵させる。普通5日後に酒も酒倉を出て、これが第一鍋。酒を飲んでから蒸し器の材料を取り出し、揚場を経て、これらの材料を冷却してほぐし、それから少量の新しい原料と酵母を加えて、よく混ぜてから蔵に入れて発酵させ、これでやっと一回の作業が終わる。5日後に焼酎を取り出し、2番目の鍋にします。この時に出始めた酒が「二鍋頭」です。北京の醸造技術の最初の飛躍は、中国の封建王朝の最後の輝かしい「康乾盛世」で起こった。この頃、北京の酒造業は大いに発展した。コーリャンを原料とする焼酎業界は、コストが低く、度数が高く、貯蔵時間が長く、輸送に便利であるなどの利点から、急速に発展した。当時の酒場は「かまどの火は家のようで、突然の烟は上升して、数里の外すべて見ました。」規模の大きさがわかる。「乱世の良将盛世商」、皇城北京という政治の中心には、多くの大商人が生まれたが、その中で最も有名なのは、王致和、同仁堂、松竹斎(栄宝斎の前身)、そして前門外趙氏の3兄弟が創業した源升号の酒屋——二鍋頭酒造技术の発祥地である。清の康煕十九年(西暦1680年)、「源リットル号」の酒造技師很久赵存仁など3兄弟を清浄、焼酎の質をした工芸改革は、酒蒸した時、使われるクロック天锅内の初めての冷却水を入れて流出の酒は酒の「头」と呼ばれ、3回に換錫鍋の冷却水の流出の酒を「酒尾」と、他の処理を提示し、第2次換だけ取り入錫鍋の冷却水の流出の酒、味が最もざた)、「二锅头」と呼ばれる。老北京では「二雷子」ともいう。

制作プロセ

歴年の賞

アルバム

评论

ログインしてコメントを発表してください、アカウントはありませんか?ここに登録する册
すべてのコメント ( 0 ) :